​MONO-OKI

物置の選び方

●「実際入れてみたらぎりぎりだったね」

入れる物が決まっている場合、そのサイズを測り、やや余裕をもって選びましょう。

 

●「子どもの物が増えたので、もっと大きなものにすればよかった」

暮らしと共にものはだんだん増えていきます。物置きを増設される方も多くいらっしゃいます。増設するスペースがない場合は大きなサイズに買い換えることになります。

将来の収納量も想像しながらサイズを選びましょう。

 

●「自転車を入れたら、中の棚柱がじゃまになって出し入れしにくかった」

扉の開口部から無理なく出し入れ出来るかどうかも大切です。

棚柱や棚の位置が干渉しないかも確認しましょう。

 

●「近くの木の枝が干渉して置けなかった」

設置予定のスペースの周囲に樹木や家の出窓、トイ、物干し、壁面コンセント、マンホールなどが干渉しないかどうかも注意しましょう。

 

●「展示場でみたら大きく見えたのに、庭に置いたら小さく感じる」

設展示場で見た大きさと、自宅に建てた際に感じる大きさは違います。小さな物置きが並んでいる展示場では比較的大きく見えたものが、広い庭に設置すると小さく見えてしまうことがよくあります。設置する予定の場所にロープなどで囲って確認してみましょう。

職人が実際に経験した物置「あるある」を挙げてみました

 Ⓒ2018株式会社アステム